翻訳機能にこそ、プライバシーが重要でした

新たにリリースされたVivaldi 4.0に、Lingvanex社のエンジンを利用する最新の翻訳機能が搭載されました。どんなウェブページを翻訳したかについて第三者に知られる心配は無用。便利で信頼できる翻訳機能を提供します。

ビッグテックが独占するIT業界で、小さな会社が大企業に対抗し、競合できる方法は少なくはありません。Vivaldiは規模の小さい企業ではありますが、ユーザーのニーズを重視しながら、ビッグテックに代わる信頼できるブラウザの提供を目標として開発を行ってきました。

そして、私たちが目指したのは、プライバシーを重視した翻訳機能をブラウザに組み込むことでした。

Google翻訳などの翻訳サービスを利用した際に、翻訳された文章はどのように扱われるのだろうと考えたことはありませんか? その秘密は守られているのでしょうか? いいえ、実はタブを閉じたからといって、翻訳結果が消えるわけではありません。Googleは翻訳されたすべてのテキストにアクセスできるのです。そして、ユーザーにとっては他に信頼できる選択肢があまりないため、そのようなことが許されてきたのです。

でも、これからは違います。Vivaldi 4.0には、 信頼できるパートナー、Lingvanex社が提供する翻訳機能サービスが内蔵されました。

この新機能はブラウザに組み込まれており、ページを好きな言語に翻訳して、安心・安全に読むことができます。

Vivaldi翻訳機能がなぜ特別なのか、詳しくは、こちらのVivaldiチームのビデオインタビューをご覧ください。

ブラウザにVivaldi翻訳機能を組み込んだ理由とは?

Vivaldiのゴールは、拡張機能でブラウザを補って問題を解決するのではなく、必要不可欠な機能が手軽に使えるようなブラウザを提供することです。

役立つと判断すれば、その機能をブラウザに組み込みます。実際に、以下のような多数の機能が、デスクトップ版Vivaldi および Android版Vivaldiに組み込まれています。

  • セッション / タブ管理
  • メモ
  • トラッカー・広告ブロック機能
  • スクリーンショットのキャプチャーツール
  • 同期

このような流れの中、翻訳ツールを搭載するのはいたって自然なことでした。

Vivaldi翻訳機能を使う理由とは?

ウェブの素晴らしい点は、世界中の人々と情報やアイデアを共有できるところです。でも時によって、その情報は読めない言語で書かれていたりします。Vivaldi翻訳機能の目的は、ページの文章が馴染みのない言語で表示されている場合に翻訳できるサービスを提供することです。

Vivaldi翻訳機能が他の翻訳サービスと違う点は?

Vivaldiの翻訳機能は信頼できるものです。GoogleやMicrosoftなどのテックジャイアントによって提供される翻訳ツールは多くあるものの、信頼性、機能性に優れた別のサービスを求める気運が世界中で高まりつつあります。Lingvanex社が提供する翻訳エンジンは、アイスランドにあるVivaldiのサーバーでホストされており、サードパーティのサーバーは関与していません。このため、ユーザーが翻訳した内容が他者に詮索されることがないので、安心して翻訳サービスを利用できます。

Vivaldi翻訳機能を使えば、ユーザーのデータから利益を得ようとする第三者と翻訳内容を共有することなく、言語の壁を超えることができます。Vivaldiではユーザーを追跡することは絶対にありません

Lingvanex社と提携した理由とは?

翻訳機能の実現のため、信頼できるパートナーとサービスを必要としていました。Lingvanex社はセキュリティとプライバシーの問題に妥協することなく、何百万ものユーザーが言語の壁を超えることができるように貢献してきた会社です。Lingvanex社は、クラウドAPIや、ローカルサーバー、アプリケーションの形式で、企業や個人向けにテキスト、音声、ドキュメント、ウェブサイトの高品質で安全な機械翻訳を提供しています。

Vivaldi翻訳機能で現在提供している基本的な言語に加え、今後はLingvanex社が提供している言語に基づいて、翻訳できる言語を増やしていく予定です。

このパートナーシップを通して役立つサービスを提供するだけでなく、ユーザーがインターネットでプライバシーをさらに保護できるように促進していきたいと考えています。

Lingvanex社について、もっと知りたい

10年前、Lingvanex社の創業者であるAlexei Rudak氏はソフトウェアエンジニアから転換し、自身のプロジェクトに取り組み始めました。

優秀なモバイルアプリケーションの開発者として仕事を楽しんでいたものの、次第に開発の焦点を見失いつつありました。そこで市場をテストするため、全く異なるアプリ(ゲーム、音楽、アート、健康、ライフスタイル、言語)の開発を始めました。

最も見込みがありそうな翻訳の分野に的を絞ったところ、大成功したのです。しかし、ビジネスが伸びると共に、Google Translate APIの料金も法外に上っていきました。Googleに自分が妥当だと思った料金を伝えると、その10倍もの額の見積りが提示されました。しかし、GoogleのAPI無しでは、自分のアプリは機能しません。

それでもAlexeiは簡単に諦めることはせず、代わりに、より自然な機械翻訳を実現するためにニューラルネットワークを使用する独自の翻訳エンジンを開発することにしました。(Googleに頼らずに新しい翻訳機能を構築したAlexeiの長い道のりに関しては、Mediumの記事をお読みください)

その後、独自のニューラルネットワークの構築を含む数理言語学のリサーチを数年間続けると、遂にLingvanex社の努力が報われ始めました。アプリケーション複数のプラットフォームで機能するため、既存のワークフローやウェブサイト、アプリに簡単に統合できることが評価されました。トータルで2,500万のアプリケーションのダウンロードを達成、月間で数十万人のユーザーが利用するまでになりました。

Vivaldiは、ちょうど良いタイミングでLingvanex社に出会ったと言えるでしょう。

ブラウジングしながらVivaldi翻訳機能を使う方法とは?

サポートされている言語からOSの言語にワンクリックで、あるいは、ドロップダウンメニューから別の言語を選んでページ全体を翻訳できます。また、以下のオプションを使って翻訳をカスタマイズすることも可能です。

  • 常に翻訳する – 常に現在の言語を翻訳する
  • 翻訳しない今後現在の言語を翻訳しない
  • このサイトは翻訳しないその特定のサイトの翻訳について再度尋ねない
  • ページを翻訳するか尋ねる – ウェブページと自動的に表示されるポップアップの自動翻訳を無効にする(翻訳ボタンはそのままアドレス欄に表示されるため、いつでも設定の変更は可能)

Vivaldi翻訳機能はAndroidでも利用可能? それともデスクトップだけ?

どちらでも利用可能です! Vivaldi翻訳はモバイルブラウザでは珍しい機能で、搭載されている例は非常に少なく、搭載されていたとしても翻訳アクティビティをプライベートに保つことはできません。

Android向けVivaldiでは、デスクトップと同様の翻訳機能を提供します。

Android版Vivaldiでページを翻訳するには、Vivaldiメニューを開いて [翻訳] を選択してください(画面下のツールバーの上にもオプションが表示されます)。翻訳設定には、[Vivaldiメニュー] > [設定] > [一般] > [言語設定] からアクセスできます。

Vivaldi翻訳機能をゲットするには?

Vivaldi翻訳機能は簡単に入手できます! Windows、Mac、Linuxコンピューター、Android5以上を搭載するスマートフォンやタブレット、最新のChromebookでVivaldi 4.0をダウンロードしてください。今すぐダウンロード

Vivaldiがさらに飛躍するために

Vivaldiファンの皆さんからのサポートに心から感謝致します。SNSで広めることから、最新バージョンのテストまで、Vivaldiの未来に貢献するためにできる7つのことについて、以下をお読みいただければ幸いです。



原文 – Lose those language barriers, not your privacy.

訳 – Mayumi Ozawa

note | Twitter | Facebook | Instagram