Android 向け Vivaldi 5.2 をリリース – 同期可能なリーディングリストと、翻訳パネルを追加

多くの記事を読み、多くの情報を得たい人に朗報です。Vivaldi の最新バージョンでは、複数のデバイスで同期できるリーディングリストを搭載しました。また、翻訳機能が進化し、選択したテキストを翻訳できるようになりました。Vivaldi 5.2 は、スマートフォン、タブレット、Chromebook で無料で利用できます。

モバイル端末は、いつでもどこでもあなたの味方です。Android 向け Vivaldi の最新バージョンは、あなたの生活を常に支えるパワフルな新機能を搭載しました。

Vivaldi 5.2 は、デスクトップでの体験をシームレスにモバイル端末に拡張します。

Android 向けのリーディングリストはご要望が多かった機能のひとつです。あとで読みたいページを簡単に保存できるだけでなく、デスクトップを含む複数のデバイスでリーディングリストを同期できます。

Vivaldi 翻訳は、Lingvanex 社の翻訳エンジンを利用する翻訳機能です。ビッグテック企業の提供する翻訳ツールと異なり、Vivaldi 独自のサーバーでホストしているため、第三者に通信を覗かれる心配なく利用できます。5.2 では、内蔵する翻訳パネルで、ウェブページ内の選択したテキストを、素早く翻訳できるようになりました。

また、原語と訳語の両方を同時に確認でき、言語学習にも便利です。

Android 向け Vivaldi 5.2 は、Android スマートフォン、タブレット、Chromebook で無料でダウンロードできます。

合わせて、本日デスクトップ向け Vivaldi 5.2 の提供を開始しています。デスクトップでは、ブラウザのサイドバーにリーディングリストを管理するためのパネルを追加しました。さらに、サイト閲覧時にどんなトラッキングが行われているかを一目で把握できる新しいプライバシー統計バーを搭載しています。詳細はこちら

Get it on Google Play Get it on Uptodown


いつでもどこでも続きを読もう!リーディングリスト

気になる記事はリーディングリストに入れておいて、あとで読もう

どうしても読みたい素晴らしい記事に出会ったのに、もう出かける時間。こんな覚えはありませんか?そんなときは、リーディングリストを活用しましょう。

デスクトップ向けの Vivaldi にリーディングリスト機能を追加して以来、Android でも利用したいという要望が急増していました。皆さまの声は、いつだって私たちを動かすエンジンです。

リーディングリストは内蔵機能のため、サービスへのサインアップ不要ですぐに利用できます。

リーディングリストにページを追加するには、保存したいページを開き Vivaldi のアイコンをタップしてアプリのメニューを表示します。リーディングリストは、ドロップダウンのパネルから簡単にアクセスできます。[現在のページを追加] ボタンをタップすると、Vivaldi のリーディングリストに保存できます。

デスクトップの Vivaldi と同様に、Android のリーディングリストもページの既読・未読の状態を保持しているため、既に読んだページはリストからさくっと削除できます。

同期機能を使って、好きなデバイスで記事を読もう

Vivaldi の同期機能を使って、Android も含めた複数の端末間でリーディングリストを簡単に同期できるようになりました。つまり、スマートフォンで保存した記事をデスクトップで読んだり、その逆もできるようになったのです。

同期機能を利用するには、Vivaldi アカウントでサインインするだけです。エンド・ツー・エンドで暗号化されているため、複数のデバイスで安全にデータを同期できます。同期できるデバイスには、自動車も含まれます。Vivaldi は、現在 Polestar 車に搭載されている最初で唯一の Android Automotive OS 用ブラウザです。

訳したい箇所だけを、素早く翻訳

翻訳パネルで、スマートフォンでも任意の箇所を素早く翻訳

私たちは、モバイル端末でもより多くの生産的な機能を提供できるように取り組んでいます。

そのひとつが、どんなデバイスを使ってブラウジングする際にも言語の壁を取り払うことです。そのために、Lingvanex のエンジンを利用する Vivaldi 翻訳機能を提供しています。5.2 では、この機能を大きく改良しました。

ウェブページ上で選択した任意のテキストを翻訳し訳文と原文を同時に表示する機能、ならびに翻訳元と翻訳先の言語を変更する機能を追加しました。これはモバイルブラウザとしては、珍しい機能です。

ページ全体ではなく、コンテンツの一部だけを翻訳したい場合があるでしょう。例えば、学習中の言語のページを読む際には、指定した部分だけを翻訳できると便利です。新しい翻訳パネルでは、ページ全体を翻訳する機能に加えて、選択した部分のみを翻訳できるようになりました。翻訳したいテキストを選択し、コンテキストメニューから [選択範囲を翻訳] を選ぶだけで、画面に訳文が原文と共に表示されます。

翻訳パネルからは、翻訳した履歴を利用できます。この履歴も語学学習に役立つでしょう。

さらに、翻訳の設定画面から特定の言語を指定すると、その言語のページを開いた際には、自動でページ全体を翻訳する機能を表示するようになりました。例えば、フランス語のページは常にページ全体を翻訳したい、といった際に利用できます。

なお、翻訳には Vivaldi のサーバーのみを利用しています。そのため、ビッグテック企業に翻訳した内容を盗み見られる心配はありません。


Vivaldi の新機能で記事を読んで翻訳したら、ストアでの評価もお待ちしています!

皆様からのフィードバックは、より良いブラウザを作っていくために欠かせません。Vivaldi 5.2 をお手元の Android 体験したら、ぜひどのように気に入ったかを教えてください。Google Play と Uptodown での評価もお待ちしています。

Get it on Google PlayGet it on Uptodown

アップデートの詳細については、更新履歴をご覧ください。

Vivaldi 5.2 を気に入っていただけますように!