デスクトップ向け Vivaldi 5.3 リリース – 新しいツールバー編集機能でブラウザをカスタマイズ

新バージョンの Vivaldi ではツールバーの編集が可能になり、ユーザーがレイアウトを完全にコントロールできるようになりました。また、ブラウザの設定を簡単にデフォルト値にリセットできる新しいオプションや、さまざまなデバイスを通した検索エンジンの同期機能を追加しました。

Vivaldi が最も大事にしているのは、ユーザーが好きなようにカスタマイズできるユーザーインターフェイスを提供することです。今回、ユーザーがブラウザをこれまで以上に自分好みに変更できる機能を追加しました。

編集可能なツールバーでは、ツールバーのレイアウトをユーザーが自由に、完全にコントロールできます。

新バージョンの Vivaldi 5.3 では、Vivaldi の信念を形にした新機能を提供しています。 

Vivaldi では常に可能な限りのカスタマイズの選択肢を提供してきました。今回は、Vivaldi 設定の各セクションにおいて、デフォルト値にリセットできるボタンを導入しました。このボタンでブラウザの初期設定に素早く簡単に戻すことができます。

他にも、デスクトップ間だけでなく、Android のスマートフォンやタブレット端末、Android Automotive OS 搭載の自動車とも検索エンジンを同期できる機能を組み込みました。

Vivaldi 5.3 は Windows、Linux、macOS にダウンロードして、ご利用いただけます。

さらに、本日リリースした Android 用の新バージョンでも、多彩な機能の他、タブスタック(ユニークな二段型タブスタックを含む)の名前を変更できる機能や、同期可能な検索エンジンなどの新機能を提供しています。


使えば便利さがわかる 編集可能なツールバー

ユーザーからの要望を受けて、Vivladi では以前より、ツールバーをカスタマイズできる機能を提供していました。ただし、カスタマイズの範囲は UI のボタンの位置変更などに限られ、すべての要素をカバーできていませんでした。

新バージョンのツールバー編集機能では、完全にカスタマイズが行えるようになりました。

Vivaldi のコンセプトは、この上ない自由と柔軟性を備えたブラウザの提供です。新しいツールバー編集機能により、新鮮、かつユニークなブラウザ体験を実現します。

この機能を利用するには、ツールバー上で右クリックし、[外観] > [ツールバーのカスタマイズ]、あるいは、右クリックで、[編集] > [ツールバーのカスタマイズ] にアクセスしてください。

ツールバーの編集がより簡単に!

ツールバーエディターには、現在選択しているツールバーに属するすべての要素が含まれています。また、上部に表示されるドロップダウンリストから、他のツールバーに切り替えることができます。

ツールバーエディターの編集を直感的に行うことができます。

各要素のツールバーへのドラッグや、順番の変更、ツールバーの外にドロップして削除などを行えます。ナビゲーションバー、ステータスバー、メール関連のツールバー(メール内容バーやメール作成バーなど)のカスタマイズや、現在選択しているツールバーを初期設定に戻すことも可能です。

あなただけのツールバー、カスタマイズしてみませんか?

ツールバーエディターを使用しなくても、コンテキストメニューからツールバーの要素を管理したり、Ctrl キー(macOS では ⌘ キー)を押しながら要素をドラッグして位置を変えたりすることができます。

ツールバーエディターでのコマンドチェイン – 可能性は無限大

ツールバーエディターでは、独自のコマンドチェインも表示できます

カスタムのワークフローやスクリプトをチェインとして設定し、ツールバーにボタンとして置くことができます。すべての Vivaldi コマンドをコマンドチェインに使用できるので、組み合わせは無限です。

コマンドチェインのボタンの作成も可能です

例として、新しいコマンドを [設定] > [クイックコマンド] > [コマンドチェイン] から作成してみましょう。新しいチェインを追加して、名前を「全画面リーダー」とします。最初のコマンドには「リーダービューの表示切り替え」を選択、2 番目のコマンドには「全画面表示」を選択します。ツールバーの編集モードには「コマンドチェイン」を選択し、「全画面リーダー」のコマンドボタンをツールバーにドラッグします。これで、新しく作成したボタンをクリックするだけで、全画面表示でのリーダービューに切り替えることができるようになります。

設定画面のセクション毎にデフォルトの設定へリセット可能に

各設定のリセットが簡単になりました!

Vivaldi の設定の各セクションにおいてデフォルトに戻すボタンを新たに導入しました。

例えば、Vivaldi 設定で何らかの変更を行った後に元に戻したいと思ったとします。そんな時、元々の状態が思い出せなくても、「デフォルトに戻す」ボタンで簡単に初期設定に戻すことができるようになりました。

多くのオプションを設定変更した結果、複雑になりすぎてしまったならば、セクション毎に一瞬で初期状態に戻しましょう。もう一度、自分にとって使いやすいブラウザを作り直せます。

Android とも検索エンジンの設定を同期

リクエストが多かった検索エンジンの同期機能が今回のアップデートから利用可能となりました。Vivaldi を搭載したデスクトップ、Android のスマートフォンやタブレット端末、Chromebook、Android Automotive OS を通して、利用しているすべての検索エンジンを同期できます。Vivaldi ブラウザは、ポールスターとルノーの自動車でも利用可能です。


Vivaldi 5.3 をダウンロードして、新たな発見を

Vivaldi は根本的にポジティブなツールです。構築できないものは無い、そして、開発の真の目的とインスピレーションはユーザーのニーズとアイデアに基づく、というのが Vivaldi の信条です。新機能と改善が加えられた Vivaldi 5.3 をお楽しみください。Vivaldi ではユーザーの意見を大切にしています。是非、感想をお寄せください。詳細に関しては、更新履歴をご確認ください。