ページアクション追加!Android版 3.6 公開🎉

開いているウェブページの外観を変更するためのカスタムフィルタやアクションを設定できる機能「ページアクション」を導入しました。他にも、QRコードスキャナを搭載、スピードダイヤルを改良、外部ダウンロードマネージャーサポートを追加しています。

こんにちは!Takaakiです。AndroidならびにChromebook向け無料ウェブブラウザVivaldi 3.6をリリースしました。

開いているウェブページの外観を変更するためのカスタムフィルタやアクションを設定できる機能「ページアクション」を導入しました。他にも、QRコードスキャナを搭載、スピードダイヤルを改良、外部ダウンロードマネージャーサポートを追加しています。

自分が使う道具やその使い勝手に、徹底的にこだわる人がいます。Android向けVivaldiの最新リリースでは、彼らが訪問するあらゆるウェブページの見た目や使い勝手をカスタムすることができるようになりました。ある人にとってはアクセシビリティや可読性を向上させ、ある人にとっては人々がウェブページとどのように対話するかを選択させることができます。また、ある人にとってはサイトをより楽しむためのカスタムもあるでしょう。

Android向けVivaldiの2021年の最初のアップデートでは、開いているウェブページの外観を変更するためのカスタムフィルタやアクションを設定できる機能「ページアクション」を導入しました。ページアクションは、アクセシビリティを向上させ、ウェブサイトを読みやすくするなど、ユーザーが望む表示方法を選べます。

さらに、Vivaldi 3.6 はQRコードスキャナ搭載、外部ダウンロードマネージャのサポート、スピードダイヤルのレイアウトとして中サイズを追加しました。スピードダイヤルのソートも可能になりました。

Android版のVivaldiブラウザは、Android 5以上で利用可能で、タブレットやChromebookにも対応しています。Google Play ストアからダウンロードできます。無料ですべての機能を利用可能です。

「これは、自分の使うアイテムを自分仕様にチューニングしたい人のためのものです。Vivaldiの膨大な設定項目を駆使して、自由に微調整したり遊んだりしてください。これからも、アップデートのたびに、さらにカスタマイズ性を高め使いやすくなるAndroid向けVivaldiの提供を目指します」

VivaldiのCEO、ヨン・フォン・テッツナー

Androidでのウェブページの見え方、手元で調整しましょう

移動可能なアドレスバー、タブバー、デスクトップ同様のタブなどをはじめとするVivaldiのフレキシブルにカスタマイズできるUIは、Android上での快適なブラウジングに役立ちます。

ですが、これだけではありません。新機能の「ページアクション」では、ウェブページの色やエフェクトといったさまざまなアクションをポップアップリストから選択し、表示中のウェブページに適用できるようになりました。

Android上のVivaldiで、ウェブページに適用できるさまざまなフィルタとアクション

Vivaldi デスクトップ版と同様にページアクションには、リーダービュー、CSSデバッガ、セピア調やグレースケールフィルタなど多くのオプションを用意しています。これらのアクションを複数組み合わせることで、ニーズに合わせて表示されるウェブページの見た目をカスタマイズすることができます。

アクセシビリティと読みやすさを向上させるページアクションは、ウェブページの見た目だけでなく、人々がウェブページをどのように操作するかにも影響します。例えば、ページ上のすべての画像を斜めに表示したり、フォントをすべて等幅に変更したり、Instagramのようなカラーフィルターを設定したりすることができます。

セピアやダークテーマに変更したり、ユーザーが操作していない画面の要素をアンフォーカスしたり、ブラウザを3Dオブジェクトっぽく見せたりする機能もあります。

左から、セピア調フィルター、CSSデバッガ、白黒フィルター

さらに、CSSデバッガのアクションはウェブ開発者にとっても役立ちます。要素の境目を表示し、開いているページで画像を歪めたり変形させたりすることができます。

Vivaldiメニューより「ページアクション」の中から、さまざまなアクションを任意に選択して、ページに適用できます。

QRコードスキャナ、登場

QRコードスキャナで素早く情報を読み取る

タッチフリーの時代に、QRコードが脚光を浴びています。最近では、Vivaldiのデスクトップ版にQRコード生成機能が内蔵され、より便利にURLを共有できるようになりました。

Android向けVivaldi 3.6では、QRコードスキャナを新しく搭載しました。モバイル端末画面上の小さなキーボードでURLを入力するのと比べて、QRコード読み込みでは圧倒的に素早く目的のページにアクセスできます。

QRコードスキャナ機能は、QRコードとバーコードの読み込みに対応しています。URLを読み取ってアクセスするだけではなく、短いテキストを読み取って検索するなどの使い方も可能です。

この機能は、次の三つの方法で起動することができます。URLフィールド、検索ウィジェット、アプリのショートカット(アプリのアイコンを長押し)です。

スピードダイヤルで、「中」サイズを選べるようになりました

中サイズで表示したスピードダイヤル

お気に入りのサイトやブックマークには、Vivaldiのスタートページに表示されるスピードダイヤルを使って素早くアクセスすることができます。これまでスピードダイヤルの表示方法として、大・小サイズのサムネイル表示とリスト表示のレイアウトを用意していました。

その後、Vivaldiはスピードダイヤルを中くらいのサイズで表示することを望む人もいることに気付きました。3.6では、新しい選択肢として中サイズのスピードダイヤルを選べるようになりました。

[設定] – [スタートページ] から、大・中・小・リスト表示の中からレイアウトを選択できます。

また、Vivaldiならではの機能「メモ」と「ブックマーク」は以前からソートできましたが、今回「スピードダイヤル」でもタイトル、アドレス、ニックネーム、説明文、日付でソートできるようになりました。お目当てのサイトを探して素早くアクセスする新しい方法です。

このようにスピードダイヤルを改良する中で、全体的なユーザー体験についても手を入れました。サムネイル表示を微調整し、大きいサイズのスピードダイヤルの見栄えも良くなっています。

外部のダウンロードマネージャーでより簡単にダウンロード

外部ダウンロードマネージャーをサポート

オンライン上のさまざまなリソースにアクセスするために、ブラウザは欠かせないツールです。時には、外部のダウンロードマネージャを使いたいこともあるでしょう。新しいバージョンでは、要望の多かった機能の一つである外部ダウンロードマネージャーのサポートを追加しました。

外部ダウンロードマネージャーを介して、マルチスレッドダウンロードやキューイングなどの機能も利用可能です。

Get it on Google Play
Get it on Uptodown

Vivaldi 3.5 から 3.6 への変更ログ

新機能

  • [新] スピードダイヤルにページサムネイルを追加 (VAB-1695)
  • [新] ミディアムサイズのスピードダイヤル (VAB-2976)
  • [新] ページアクション (VAB-2671)
  • [新] QRコードスキャナー (VAB-1004)
  • [新] スピードダイヤルのソートオプションを追加 (VAB-2873)
  • [新] 外部のダウンロードマネージャーをサポート (VAB-2830)

設定

  • [設定] WebRTC設定に注意書きを追加 (VAB-2763)
  • [設定] セキュアなDNSサーバーの切り替えの挙動がおかしい (VAB-2953)
  • [設定] スタートページの設定の並び順が誤っている (VAB-3216)

UI

  • [UI] Vivaldiaゲームの項目をメニューの下の方に配置 (VAB-3245)
  • [UI] ネイティブのナビゲーションボタンが非表示になっている (VAB-2556)
  • [UI] 検索ウィジェット用のVivaldiのロゴを更新

その他

  • [ブロッカー] 広告ブロッカーに大規模なリストを追加するとUIが鈍くなる (VAB-2624)
  • [ブックマーク] ごみ箱フォルダーを開いた状態だとブックマークがデフォルトでごみ箱に追加される (VAB-3006)
  • [終了] 戻るボタンをダブルタップしてをアプリを終了 (VAB-2448)
  • [終了] Android 6では履歴が終了時にクリアされない (VAB-2844)
  • [メモ][ブックマーク] メモとブックマークの並び替えの順番を記憶する (VAB-2846)
  • Chromium を 88.0.4324.147 に更新

Vivaldi
Takaaki

note | Twitter | Facebook | Instagram

今すぐ Vivaldi ブラウザをお試しあれ
Windows、Mac、Linux で使えます
Vivaldi をダウンロード